商品を紹介して収入になる?アフリエイトマーケティングとは?

皆さんは、「アフィリエイト」ってご存知ですか?正式には、オンラインマーケティングの一種として「アフィリエイトマーケティング」と呼ばれます。今はビジネスとして行なっている個人も多く、名前くらいは耳にしたことがある、という方もきっと多いことでしょう。

「アフィリエイト」という名前は、英語の”Affiliate”からきています。”Affiliate”とは、「提携する」という意味です。アフリエイトを行うサイトオーナーは、商品の販売元とタッグを組み(提携し)、ターゲット層のオーディエンスに該当商品を推奨します。そしてオーディエンスが実際に商品を購入したり等の条件がクリアされると、アフリエイトサイトオーナーは手数料が得られます。また、商品の販売元としては無料で、しかも普通より力を入れて宣伝してもらえることになるため、WIN―WINのビジネスモデルとなっています。

アフリエイトって、実際には何をするの?

アフリエイトサイトオーナー(アフィリエイター)が実際に行う作業は、簡単に言うと、自分の運営するブログやSNS、ウェブサイト(マーケティングプラットフォーム)などを通じて商品やサービスを紹介する、ということです。アフィリエイターは、自分のマーケティングプラットフォームに割り当てられた固有のリンクから購入が発生するたびに手数料を得られます。

アフィリエイトを始めるには?

アフィリエイトを始めるには、アフィリエイトプログラムに参加する必要があります。簡単にいうと、次のような手順になります。

1.  アフィリエイトを行なっている商品(アフィリエイトプログラム)を探し、宣伝しやすそうなものを選ぶ

2.  オファーを選択する

3.  オファーの固有リンクを取得する

4.  商品の宣伝とともにそのリンクを自分のプラットフォームでシェアする

5.  そのリンクを通した購入が発生するたびに収入が得られる

手数料は、会社によって大きく異なります。販売額の5%〜最大50%までと、条件によって大きく幅があり、実に様々です。また、購入額のパーセンテージではなく、購入回数ごとに手数料が支払われるパターンのプログラムもあります。

アフィリエイトモデルの利点

アフィリエイトマーケティングは、商品を実際に開発や販売することなく、紹介する手間のみで収入が得られるところです。また、一度成功すると、ちょっとした不労収入になりえます。また、商品やサービスを購入する必要もなく、事前投資もいりません。そのため、損の出ないローリスクな収入源なのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*