SEOって何?基本の仕組みをわかりやすく説明

このページを開いた皆さんは、「SEO」という言葉をきっと耳にしたことがあるのではないでしょうか?今は『SEOの黄金期は過ぎた』と言われていますが、それであってもまだまだ、SEOは現代のオンラインマーケティングにおいて欠かせない概念であり、持っていて損のない知識です。この記事では、そんなSEOの基本知識について、分かりやすく説明をしていきたいと思います。

そもそも、SEOって何のこと?

SEOという言葉は「Search Engine Optimization(サーチエンジン・オプティマゼーション)」の頭文字をとった略称です。Search Engine Optimization(サーチエンジン・オプティマゼーション)とは、日本語で言うと「検索エンジン最適化」になります。では、「検索エンジン最適化」とはなんなのでしょうか?

まず、「検索エンジン最適化」の最大の目的とは、GoogleやYahooといった検索エンジンである「言葉(=キーワード)」を検索した際の検索結果に、自分たちのサイトやブログなどを上位に表示させることです。検索エンジンは、検索結果を表示する順位に独自の規準を持っており、それは一般公開されていないものの、推測可能な部分も多くあります。

GoogleやYahooで検索結果の上位に表示されると当然、それだけ多くの人の目にとまり、サイトへの訪問者が増え、結果的にサービスや商品の購入者も増えます。

「検索エンジン最適化」=SEOの仕事とは、その検索エンジンの独自の判断基準に、自社サイトやブログのコンテンツ内容をいかに近づける(=最適化する)か、ということが鍵となります。

SEO対策を行うメリット

上記をふまえ、SEO対策を行うメリットは、以下のようにまとめられます:

1、効率的に、効果的な集客ができる

多くの人は、検索結果の表示順にサイトにアクセスする傾向があります。それを踏まえると、SEOを行うことは非常に集客の理にかなっています。また、特定のサービスや商品についての情報を調べる人は購買意欲が高いと考えられるため、コンバージョン(実際の購入)につながる可能性も高くなります。

2、(高額の広告等とは違い)費用対効果に優れている

ネットに出す広告の場合、広告の表示ごとや、クリックされるたびに費用が発生します。一方、SEOは一回ごとの支払いは発生しません。

3、企業のイメージアップ

検索結果で上位表示されることは、単純に企業の信頼性アップに繋がります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*