Web ライターとして稼ぐには

「ライター」というと、ひと昔前までは、雑誌や新聞の記事、書籍などの紙媒体に掲載する文章を書く仕事、というイメージだったと思います。ただし、現代における「ライター」という職業は、全く違った意味合いを持ちます。誰の目にも明白なとおり、今はメディアもデジタルが主流。Web 上にはまさに無限の媒体・フォーマットの「記事」が溢れかえっています。こういった、Web 上のコンテンツ(=記事)を提供しているのが Web ライターです。 Web ライターは、21世紀に生まれた新しい職業なのです。

Webライターの仕事内容

ウェブ上のメディアは無数にあり、その一つ一つに、当然、コンテンツが必要です。そのコンテンツを提供する、つまり、記事を書くのがWebライターの仕事です。Webライターは、このことから、コンテンツライターとも呼ばれます。インターネットの発展につれ、Web ライターの需要は確実に高まり、Webライターとして活動する人の数も非常に多くなりました。媒体も、ピンからキリまで様々なものがあります。各種メディアのウェブ版、企業や個人のウェブサイト、ブログ、各種SNSなど。メディアの幅はどんどん、広がってきています。

ライターは女子中高生に人気の職業

2019年にソニー生命保険株式会社が行った「中高生が思い描く将来についての意識調査」という、中高生に将来なりたい職業などを聞くアンケートがあります。その結果によると、女子中学生のなりたい職業にライターがランクインしています(参照:ソニー生命)。媒体が紙媒体から Web 上の様々なものへと移ったものの、ライターという仕事の「なんとなくかっこいい」という印象は変わらないようです。もちろん、ライターとは、現実にクリエイティブな職業です。むしろ日々、インターネット上で自分の好きな媒体を目にしている中高生達は、そこで読む文章を書いているライターという職業とメディア自体のキラキラした印象を結びつけ、憧れやすくなっているのかもしれません。

Webライターとして稼ぐには

Webライターとして仕事をするにはまず、クラウドソーシングサイトに登録することです。ランサーズやクラウドワークスといったサイトには、たくさんの案件が募集されています。こういったクラウドソーシングサイトへの登録は無料です。Googleアカウントがあるといちいち自分の情報を入力せずに済むので便利です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*